ムトウハップで除菌すると水虫は完治する?

足の裏の皮膚がめくれてきた、また指の間に水泡ができて痒いという人は水虫を疑った方が良いでしょう。
水虫はカビの一種である白癬菌が皮膚に入り込み、繁殖することでこのような症状として現れるのですが、一度感染してしまうと完治に至るまで長期間の治療が必要となるため、とても厄介だといえます。
また、水虫は中年の男性の皮膚病だというイメージがありますが、油断していると誰でも感染してしまうので、水虫になったことがないという人も予防方法を知っておくことが大切です。
水虫は専門の医療機関に受診して軟膏を処方してもらうことで治すことができますが、恥ずかしいという理由で二の足を踏んでいる人が多いことも事実です。
病院で処方された薬やドラッグストアなどで購入できる軟膏でも効果はありますが、民間療法のひとつにムトウハップで除菌するという方法があります。
ムトウハップは生石灰、カゼイン、硫化カリ、硫黄を加熱して溶解した液体で、これは昔から家庭用の入浴剤として使用されています。
ムトウハップに含まれている抗真菌成分が白癬菌の細胞膜に作用して菌の繁殖を抑制してくれるので、水虫治療には効果的です。
水虫治療にはムトウハップを直接患部に塗ると効果的といわれていますが、肌が弱い人は肌荒れをしてしまう可能性があるので入浴剤として使用すると良いでしょう。
また、水虫は足だけではなく、手や爪、陰部などにも感染してしまうので、ムトウハップを患部に塗るよりも入浴剤として使用した方がからだのいたる所に寄生している白癬菌を死滅させることができます。
白癬菌は高温多湿の環境を好むので、ムトウハップを希釈したお湯に浸かったあとは、しっかりとタオルで水けを拭き取って乾燥させてから軟膏を塗ると良いでしょう。