ジュクジュク水虫はデルモゾール軟膏で治る?

足の裏や指の間が、ジュクジュクとただれたようになってしまった場合、趾間型というタイプの水虫になっているかもしれません。
水虫は白癬菌という真菌が、感染する事で発症しますが白癬菌が感染した場所によって、症状が変わります。
指の間に感染した場合、趾間型というタイプを発症します。
趾間型は猛烈な痒みの他に、皮膚がジュクジュクと剥ける点が特徴です。
これらの症状の他に、足の臭いがきつくなる傾向もあります。
かなり辛い症状が続くので、早めに対処しましょう。
水虫は基本、皮膚科で治療する事となります。
外用薬で治療を行うケースが一般的です。
皮膚科で処方してもらえる外用薬には、デルモゾール軟膏もありますが、この外用薬で水虫を完治する事が出来るのでしょうか?
デルモゾール軟膏は、とびひや虫刺され、やけどの治療に用いられる外用薬です。
副腎皮質ステロイドホルモン剤が入っており、炎症や痒みを鎮めます。
趾間型は強い痒みを伴うので、デルモゾール軟膏でも症状を抑えられるのでは?と思ってしまいがちです。
ただ、副腎皮質ステロイドホルモン剤は肌の免疫力を、下げてしまう働きを持っています。
水虫の症状が出ている部分にデルモゾール軟膏を塗ってしまうと、免疫力が下がりかえって白癬菌が増殖してしまいます。
家にデルモゾール軟膏があったとしても、水虫を発症している部分には塗らないように注意しましょう。
水虫は抗真菌成分といって、白癬菌をはじめとする真菌に作用する成分を含んだ薬で治療を行うのが基本です。
皮膚だけに症状が出ているという場合は、抗真菌成分を配合した外用薬での治療となります。
水虫は早めに治療を行う事で、完治も早まります。
足の裏や指の間がジュクジュクとしていたら、早めに専門の医療機関を受診しましょう。