水虫は四季の中でいつなりやすいの?

水虫に感染しやすい季節としては夏と冬の二つが挙げられます。
まず夏についてはよくイメージされるように高温多湿の環境が原因です。
水虫の原因である白癬菌はカビの一種であり、カビは高温多湿の環境で最も活発に活動することになります。
これは白癬菌でも全く同じことが言えますから、高温多湿な日本の夏というのは水虫が最も好む季節だと言えるわけです。
加えて最近では日中の気温の高い時間に靴を履いて動くというのが当然のことになっており、かつビジネスマンだと夏場でも通異性の悪い革靴を履くのが普通のことになっています。
通気性が悪い靴の中はさらに高温多湿の環境になりますから、やはり夏と言うのは特に水虫になりやすい時期になるわけです。
さて、しかし冬については気温も低く乾燥しがちであるため水虫は全く発生しないようにも思えるでしょう。
確かに一般的な冬の環境であれば、白癬菌は活動がほとんどできないために感染が広がるケースはそこまで多くありません。
しかし問題なのは女性のブーツです。
冬に履くブーツは外気をシャットアウトする極めて通気性の悪いものであり、その中は体温によってかなり蒸れています。
つまりブーツの中だけは夏かそれ以上の高温多湿の環境になっていますから、秋までに足に住み着いてしまって表面化していなかった白癬菌が一気に水虫の症状を引き起こすことが多いのです。
また最近の家はかなり気密性に優れるようになっていますから、室内の環境によっては夏と同じくらい水虫が活発できる環境になっているというのも注意が必要なポイントでしょう。
こうした時期には思わぬタイミングで水虫が感染しますから、春や秋よりもしっかりと足のケアをするようにしてください。